コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ムーンライト号 (高速バス)

ムーンライト号(阪急観光バス)ムーンライト号(西日本鉄道)ムーンライト号(ムーンライトごう)は、大阪府大阪市(梅田)と福岡県福岡市を結ぶ夜行高速バスである。全席座席指定制のため、乗車には事前の予約が必要。運行会社阪急観光バス(大阪営業所)西日本鉄道(博多営業所) 阪急観光バスの福岡側の運行支援業務は西鉄バス千代自動車営業所が担当。運行経路大阪(阪急梅田駅/阪急三番街高速バスターミナル) - 新大阪(阪急高速バスターミナル) - 千里ニュータウン - 千里中央 - 宝塚IC - 西宮名塩 - 西宮北IC - 淡河 - 高速門司港 - 小倉駅前 - 砂津 - 黒崎IC(引野口) - 博多駅交通センター - 西鉄天神バスセンター運行回数・所要時間夜行便1日1往復。所要時間 - 福岡行9時間40分、大阪行9時間44分(大阪梅田 - 西鉄天神バスセンター)歴史1983年3月24日に西日本鉄道(西鉄)と阪急バスの共同運行で運行を開始。1980年に国鉄山陽本線経由の座席急行列車が廃止されたことや飛行機の空白時間を埋める時間帯で大阪~福岡間を直結することで開業時から人気を集める。夜行高速バスで初めて起終点事業者による共同運行の形態をとった路線である。また、運賃収入を一旦プールし、走行距離に応じて業者に配分するプール精算制を初めて採用した路線でもある。1986年には、今までの2人がけ4列の概念を打ち破った1人がけ独立3列シートを夜行高速バスで初めて採用。その後、東京都内発の「ノクターン号」や「キャメル号」にも独立3列シートが採用され、これらの路線が成功したのを契機に各社が競って夜行高速バスを運行するようになった。かつては深夜近くに出発し北九州地区を通過する便も運行され2往復体制となっていたほか、大阪と筑豊・久留米・大牟田・荒尾を結ぶ「ちくご号」も運行されていた。しかし、乗客の減少で、現在は路線が整理され開業時と同じ大阪~小倉~福岡間1往復になっている。大阪側の運行会社は2003年1月31日より阪急バスから阪急観光バスに変更されている。車両1983年の運行開始当初から三菱ふそう車(車体は西日本車体工業、PJ-車以降は三菱ふそうバス製造)が使われてきたが、2007年には阪急観光バスが日野自動車製ニューセレガを導入した。ニューセレガは直結クーラー仕様となっているため他車種より車高が高く、スーパーハイデッカーでは屋根高さの関係で阪急三番街バスターミナルに入線できないことからハイデッカー車となった。かつては、両社共通の塗装が採用されており、共同運行による一体感を持たせていた。初代の車両はハイデッカー・4列シートで、わずか3年後の1986年には代替され廃車となった。走行距離の長さもさることながら、中国自動車道での融雪剤散布の影響で車体の劣化が著しく進んだのも代替が早かった理由である。2代目車両も3年後には新車が登場して予備車となった。阪急観光バス阪急バスから譲渡されたMFBM純正車体の三菱ふそう・エアロクィーンI、西工ネオロイヤルSD-II車体のエアロクィーンI、自社導入の日野・ニューセレガHDが使用される。塗装は阪急高速バス共通塗装である。 西鉄のムーンライトカラーの車両(写真ははかた号で使用中のもの)西日本鉄道西工ネオロイヤルSD-II車体の三菱ふそう・エアロクィーンI、MFBM純正車体の三菱ふそう・エアロクィーンIハイウェイライナー、三菱ふそう・エアロバス(西工ネオロイヤルSD-I)が使用される。2代目以降の塗装はベージュ色地に黄色・オレンジ・茶色の帯を入れた塗装で、「ムーンライトカラー」と呼ばれ、西鉄の他の夜行路線でも採用されていたが、1997年を最後にこの塗装の車両の新規導入は途絶えており、現在は「白夜行」と呼ばれる「はかた号」と同じ塗装の車両が主に使用されている。競合他社など大阪市・神戸市と福岡市の間には西日本JRバス・JR九州バスが「山陽道昼特急博多号」を運行している。「ムーンライト号」が夜行であるのに対してこちらは昼行で、運賃は「ムーンライト号」より低廉に設定されている。京都市・大阪府枚方市と北九州市・福岡市の間には京阪バス・西鉄が夜行高速バス「きょうと号」を運行している。このほか大阪市・京都市・神戸市と北九州市・福岡市を結ぶツアーバスも存在する。かつては西日本JRバス・南海電気鉄道・JR九州・昭和自動車が大阪市・堺市と福岡市・前原市を結ぶ夜行高速バス「サザンクロス博多号」を運行していたが現在は廃止されている。関連項目サザンクロス博多号山陽道昼特急博多号外部リンクムーンライト号案内(阪急バス)ムーンライト号案内(西日本鉄道) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E5%8F%B7_(%E9%AB%98%E9%80%9F%E3%83%90%E3%82%B9)」より作成カテゴリ: 高速バス路線 | 阪急バス | 西鉄バスムーンライト号(阪急観光バス)ムーンライト号(西日本鉄道)ムーンライト号(ムーンライトごう)は、大阪府大阪市(梅田)と福岡県福岡市を結ぶ夜行高速バスである。全席座席指定制のため、乗車には事前の予約が必要。運行会社阪急観光バス(大阪営業所)西日本鉄道(博多営業所) 阪急観光バスの福岡側の運行支援業務は西鉄バス千代自動車営業所が担当。運行経路大阪(阪急梅田駅/阪急三番街高速バスターミナル) - 新大阪(阪急高速バスターミナル) - 千里ニュータウン - 千里中央 - 宝塚IC - 西宮名塩 - 西宮北IC - 淡河 - 高速門司港 - 小倉駅前 - 砂津 - 黒崎IC(引野口) - 博多駅交通センター - 西鉄天神バスセンター運行回数・所要時間夜行便1日1往復。所要時間 - 福岡行9時間40分、大阪行9時間44分(大阪梅田 - 西鉄天神バスセンター)歴史1983年3月24日に西日本鉄道(西鉄)と阪急バスの共同運行で運行を開始。1980年に国鉄山陽本線経由の座席急行列車が廃止されたことや飛行機の空白時間を埋める時間帯で大阪~福岡間を直結することで開業時から人気を集める。夜行高速バスで初めて起終点事業者による共同運行の形態をとった路線である。また、運賃収入を一旦プールし、走行距離に応じて業者に配分するプール精算制を初めて採用した路線でもある。1986年には、今までの2人がけ4列の概念を打ち破った1人がけ独立3列シートを夜行高速バスで初めて採用。その後、東京都内発の「ノクターン号」や「キャメル号」にも独立3列シートが採用され、これらの路線が成功したのを契機に各社が競って夜行高速バスを運行するようになった。かつては深夜近くに出発し北九州地区を通過する便も運行され2往復体制となっていたほか、大阪と筑豊・久留米・大牟田・荒尾を結ぶ「ちくご号」も運行されていた。しかし、乗客の減少で、現在は路線が整理され開業時と同じ大阪~小倉~福岡間1往復になっている。大阪側の運行会社は2003年1月31日より阪急バスから阪急観光バスに変更されている。車両1983年の運行開始当初から三菱ふそう車(車体は西日本車体工業、PJ-車以降は三菱ふそうバス製造)が使われてきたが、2007年には阪急観光バスが日野自動車製ニューセレガを導入した。ニューセレガは直結クーラー仕様となっているため他車種より車高が高く、スーパーハイデッカーでは屋根高さの関係で阪急三番街バスターミナルに入線できないことからハイデッカー車となった。かつては、両社共通の塗装が採用されており、共同運行による一体感を持たせていた。初代の車両はハイデッカー・4列シートで、わずか3年後の1986年には代替され廃車となった。走行距離の長さもさることながら、中国自動車道での融雪剤散布の影響で車体の劣化が著しく進んだのも代替が早かった理由である。2代目車両も3年後には新車が登場して予備車となった。阪急観光バス阪急バスから譲渡されたMFBM純正車体の三菱ふそう・エアロクィーンI、西工ネオロイヤルSD-II車体のエアロクィーンI、自社導入の日野・ニューセレガHDが使用される。塗装は阪急高速バス共通塗装である。 西鉄のムーンライトカラーの車両(写真ははかた号で使用中のもの)西日本鉄道西工ネオロイヤルSD-II車体の三菱ふそう・エアロクィーンI、MFBM純正車体の三菱ふそう・エアロクィーンIハイウェイライナー、三菱ふそう・エアロバス(西工ネオロイヤルSD-I)が使用される。2代目以降の塗装はベージュ色地に黄色・オレンジ・茶色の帯を入れた塗装で、「ムーンライトカラー」と呼ばれ、西鉄の他の夜行路線でも採用されていたが、1997年を最後にこの塗装の車両の新規導入は途絶えており、現在は「白夜行」と呼ばれる「はかた号」と同じ塗装の車両が主に使用されている。競合他社など大阪市・神戸市と福岡市の間には西日本JRバス・JR九州バスが「山陽道昼特急博多号」を運行している。「ムーンライト号」が夜行であるのに対してこちらは昼行で、運賃は「ムーンライト号」より低廉に設定されている。京都市・大阪府枚方市と北九州市・福岡市の間には京阪バス・西鉄が夜行高速バス「きょうと号」を運行している。このほか大阪市・京都市・神戸市と北九州市・福岡市を結ぶツアーバスも存在する。かつては西日本JRバス・南海電気鉄道・JR九州・昭和自動車が大阪市・堺市と福岡市・前原市を結ぶ夜行高速バス「サザンクロス博多号」を運行していたが現在は廃止されている。関連項目サザンクロス博多号山陽道昼特急博多号外部リンクムーンライト号案内(阪急バス)ムーンライト号案内(西日本鉄道) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E5%8F%B7_(%E9%AB%98%E9%80%9F%E3%83%90%E3%82%B9)」より作成カテゴリ: 高速バス路線 | 阪急バス | 西鉄バス

エストニア語で日本のニュースを読む
キルギス語との出会い
出会いランキング
債務整理・自己破産
競馬情報
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イタリアスキー

Author:イタリアスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。