コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

小松島市

小松島市(こまつしまし)は、徳島県のおよそ東部中央、紀伊水道沿岸に位置する市である。特徴小松島市は屋島に逃れた平氏を討つために源義経が小松島より上陸したという義経伝説や、阿波狸合戦、金長狸民話などで知られる市である。1980年代後半頃より「太陽と水とみどり豊かな港湾都市」の建設を目指し様々な開発が行われて来たが、旅客航路の撤退等にともない、近年は港を中心とした「港湾都市」から徳島赤十字病院などを中心とした「医療福祉都市」へと変わろうとしている。キャッチフレーズは、「優(YOU)・愛(I)タウン・小松島 -風と光のハーモニーが聞こえる未来(あした)へ-」。市の中心地は小松島港付近であり、市役所や図書館などはそこに位置する。かつては関西から四国への玄関口として港を中心に二条通や千歳橋筋などの商店街も栄えていたが、国鉄小松島線の廃止、本四架橋による相次ぐ航路撤退などで徐々に衰退。国道55号沿いに郊外型店舗(主に徳島県下で展開するキョーエイグループなど)が進出した事も衰退した一因となっている。現在は中心市街地活性化の為、東洋紡績小松島工場跡地に徳島赤十字病院を核としたビルが完成した。道路の拡張工事なども各所で行われており、かつての趣を一新しつつある。湾に面したところに小松島競輪場がある。地理徳島県東部、徳島市(県庁所在地)の南に位置し、紀伊水道に面している。国道55号線が市の中央を南北に縦断している。山:日峰山(標高191m)海:紀伊水道、小松島湾川:勝浦川、神田瀬川、芝生川、田野川、天王谷川、立江川、太田川池:菖蒲田池歴史市名の由来小松島市は、平安時代には、篠原郷(前原、江田付近)、新居郷(新居見付近)、余戸郷(田野芝生付近)があった。このうち篠原郷は一時、京都の仁和寺の荘園であり、この仁和寺は京都の『小松郷』というところにあったために、この名にちなんで『小松島』の地名が生まれたものと考えられている。年表市政施行前1934年(昭和9年)5月 - 小松島町、「小」の字を錨で囲んだ図案の町章を定める。1941年(昭和16年) - 旧日本海軍小松島海軍航空隊設置。1950年(昭和25年)7月 - 小松島競輪場完成。1951年(昭和26年)4月 - 那賀郡立江町と合併。市制施行後1951年(昭和26年)6月 - 市制を施行。1952年(昭和27年)1月 - 上水道通水開始。1953年(昭和28年)10月 - 総合グラウンド完成。1953年(昭和28年)10月 - 徳島県で開催された第8回国民体育大会のうち、高校軟式野球大会を市営グラウントで実施(23日~26日)。天皇・皇后が臨席および社会事業施設視察のため来市。1953年(昭和28年)12月 - 小松島臨港鉄道着工(延長 1,000m、翌年4月17日に完成)。1956年(昭和31年)7月 - 山口組と本多会による小松島抗争が発生(翌年11月24日終結)。1956年(昭和31年)9月30日 - 那賀郡坂野町と合併。1965年(昭和40年) - 海上自衛隊小松島航空隊が開隊される。1966年(昭和41年) - 市内の花火工場で爆発が起き4人が死亡する。1974年(昭和49年) - 市内唯一の海水浴場だった横須海水浴場が閉鎖される。1982年(昭和57年) - 市立体育館が完成。1985年(昭和60年)3月 - 国鉄小松島線廃止。1991年(平成3年)2月 - 国道55号赤石トンネルが開通。1993年(平成5年) - 小松島フェリー廃止。1999年(平成11年) - 南海フェリーが徳島港に発着場を移転、これにより市内(小松島港)発着航路がなくなる。2006年(平成18年)3月4日 - 午前2時に市外局番が4ケタになる。(08853-x-xxxx)→(0885-3x-xxxx)行政現在小松島市の財政は危機的状況にあり、財政再建団体に陥いる可能性が示唆されている。この為市では財政非常事態宣言を行い、徹底した行財政改革に取り組む姿勢を示している。歴代市長経済商業かつては四国の東の玄関口として栄え、市内中心部には数多くの商店、劇場および宿泊施設などが軒を連ねていた。その繁栄ぶりは人口規模を遥かに上回るもので、徳島県下では徳島市に次ぐ程のものであったと言われている[要出典]。しかし、その繁栄も国鉄小松島線の廃止や航路の撤退などで徐々に勢いを失い、中心部の商店街は衰退していった。さらにモータリゼーションによる道路整備が行われ、国道55号バイパス沿いに相次いで建設されたロードサイド店に商店街は消費者を奪われ、壊滅的な打撃を受ける事となる。かつては船客や近隣町村の人々で賑わっていた商店街も、今では僅かに地元の人が利用する程度となっている[要出典]。大型商業施設 小松島ショッピングプラザルピア(1988年開店)ニチイ小松島店⇒小松島サティ(1986年開店、2002年閉店)キョーエイ小松島店(小松島サティ跡に2002年開店)主な商店街 二条通商店街(飲み屋やパチンコ店、個人商店などが建ち並ぶ。昔に比べ衰退気味[要出典]。)千歳橋筋商店街(現在は道路拡張工事の為、更地になっている所が多い。)産業特産品 ヤマモモ干し海老竹ちくわフィッシュカツ和田島ちりめん主な企業、工場 KITANO(田野町)スミリン合板工業(横須町)→ 住友林業クレスト(2001年4月、他3社と合併)ニホンフラッシュ(横須町)日本製紙小松島工場(豊浦町)徳島製粉小松島工場(金磯町)新徳島どっくぶつだんのもり(江田町) かつてあった企業・工場 日本製紙小松島工場(豊浦町)2008年9月30日閉鎖姉妹都市・提携都市中川郡本別町(北海道)2001年(平成13年)6月1日友好都市提携。地域人口市内の町☆印は住居表示整備済街区である。徳島県下で住居表示を導入している自治体は、小松島市の他には徳島市しかない。間新田町赤石町江田町大林町金磯町☆神田瀬町☆櫛渕町小松島町坂野町芝生町田浦町立江町田野町中田町豊浦町中郷町新居見町日開野町堀川町☆前原町松島町☆南小松島町☆横須町☆和田島町和田津開町教育高等学校徳島県立小松島高等学校徳島県立小松島西高等学校中学校小松島市立小松島中学校小松島市立坂野中学校小松島市立立江中学校小学校小松島市立南小松島小学校小松島市立櫛渕小学校小松島市立北小松島小学校小松島市立小松島小学校小松島市立児安小学校小松島市立坂野小学校小松島市立芝田小学校小松島市立新開小学校小松島市立立江小学校小松島市立千代小学校小松島市立和田島小学校養護学校徳島県立ひのみね養護学校専門学校小松島赤十字看護専門学校医療徳島赤十字病院江藤病院交通バス一般路線バス 徳島バス小松島市営バス高速バス 徳島バスジェイアール四国バス西日本ジェイアールバス本四海峡バス高速バス停留所阿南エクスプレス号、ドリーム徳島号が停車。小松島バスストップ大林バスストップ ドリーム徳島号は通過。阿波エクスプレス大阪号、阿波エクスプレス神戸号の小松島港発着便が停車。徳島赤十字病院前小松島港鉄道四国旅客鉄道(JR四国)牟岐線(徳島市) - 中田駅 - 南小松島駅 - 阿波赤石駅 - 立江駅 - (阿南市)中心となる駅は南小松島駅。なお、市中心部へと伸びる鉄道としては、かつては国鉄小松島線(牟岐線中田駅より分岐)があったが、1985年に廃線になっている。道路高速道路現在、高速道路は通っていないものの、四国横断自動車道の延伸計画(小松島 - 鳴門間)があり、市内には小松島インターチェンジが前原町付近に建設される予定。一般国道国道55号車線数は2車線。トンネル、鉄道との交差はない。市内は以下の各地区を通過している。 大林町-(阿南市)国道55号徳島南バイパス、阿南道路車線数は4車線。主な橋は、小田橋(立江町、立江川)、義経橋(田野町、天王谷川)、源氏橋(同、田野川)、菖蒲田橋(日開野町・中郷町、菖蒲田池)、勝浦川橋(江田町、勝浦川)がある。トンネルは赤石トンネル(田野町・立江町)がある。中郷町と立江町の2箇所で道路下をJR牟岐線が立体交差する。中郷町、日開野町に道路情報電光表示板がある。市内は以下の各地区を通過している。 (徳島市)-江田町、前原町、中郷町、日開野町、芝生町、田野町、立江町、大林町、坂野町-(阿南市)。国道195号徳島市から阿南市橘町までは国道55号と重複区間となっている。県道徳島県道16号徳島上那賀線車線数は2車線(田浦町内の一部区間を除く)。橋、トンネルはない。前原町でJR牟岐線と交差する。市内は全線勝浦川の堤防上を走り、県道120号徳島小松島線から国道55号までの区間を除いては交通量の少ない快走路が続く。市内は以下の各地区を通過している。 (徳島市) - 江田町、前原町、田浦町-(徳島市)徳島県道17号小松島港線車線数は2車線。橋、トンネル、鉄道との交差はない。元々は国道55号(現在の県道120号徳島小松島線)と小松島港を結ぶ為の県道だったが、現在は市内中心部をパスするバイパス道として使われる事が多い。交通量もかなり多めであり、朝夕には江田町交差点で渋滞も発生する[要出典]。市内は以下の各地区を通過している。 江田町、中田町、小松島町徳島県道22号阿南勝浦線車線数は2車線。橋、トンネル、鉄道との交差はない。市内の南西をかすめる様に走る県道だが、他の自治体を経由せずに小松島市と勝浦町を繋ぐ唯一の県道である。市内は以下の各地区を通過している。 (阿南市) - 櫛渕町 - (勝浦郡勝浦町)徳島県道28号阿南小松島線車線数はほぼ全線にわたり1~1.8車線。主な橋は、白鷺橋(立江町、立江川)がある。トンネルはない。鉄道との交差は立江町の1箇所でJR牟岐線と交差する。幹線道路である国道55号と立江町、櫛渕町を結ぶ。市内は以下の各地区を通過している。 (阿南市) - 櫛渕町、立江町、大林町、赤石町徳島県道33号小松島佐那河内線車線数は2車線。主な橋は、野上橋(田浦町・徳島市、勝浦川)がある。トンネルはない。南小松島町に鉄道との交差部がある。市内中心部と国道55号徳島南バイパスを結んでいる為、同道との交点まではかなり交通量が多いが、以西は田浦町内を東西に走る唯一の幹線道路となるものの交通量は少なく、市内区間は比較的走りやすい道が続く。市内は以下の各地区を通過している。 南小松島町、堀川町、神田瀬町、日開野町、田浦町 - (徳島市)徳島県道120号徳島小松島線車線数は2車線。主な橋は、千歳橋(小松島町・松島町、神田瀬川)、弁天橋(金磯町、芝生川)、赤石橋(赤石町、立江川)がある。トンネル、鉄道との交差はない。国道55号徳島南バイパスが4車線で開通するまではこの道が国道だった事もあり、現在でも幹線道路として位置付けられている。全線にわたり交通量も多く、徳島市と小松島市を繋ぐ路線バスも市街地の一部区間を除いては殆どがこの道を走る。市内は以下の各地区を通過している。 (徳島市) - 江田町、中田町、小松島町、松島町、南小松島町、横須町、金磯町、赤石町、大林町徳島県道218号和田島赤石線車線数は2車線。トンネル、鉄道との交差はない。市内は以下の各地区を通過している。 赤石町-大林町-和田津町-和田島町その他の市内を通る県道 徳島県道136号宮倉徳島線徳島県道141号大林那賀川阿南線徳島県道169号中田停車場線徳島県道171号立江停車場線徳島県道178号小松島港南小松島停車場線徳島県道213号二條通新港線徳島県道216号花園日開野線徳島県道217号田野勢合線徳島県道273号大京原今津浦和田津線徳島県道274号坂野羽ノ浦線徳島県道276号勝浦羽ノ浦線徳島県道402号阿南徳島自転車道線船舶かつては小松島港から和歌山港(南海フェリー、1999年に徳島港へ移転)や大阪港(小松島フェリー、1993年廃止)を結ぶ航路があったが、いずれも廃止されている。名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事和田島砂嘴(さし)日峯大神子広域公園日峯観光道路弁天山砲台跡四国八十八ヶ所恩山寺(18番札所)立江寺(19番札所)建嶋女祖命神社金長神社(金長大明神)小松島ステーションパーク旗山(源義経の騎馬像)義経ドリームロード小松島港まつり - 夏の風物詩として毎年、県内屈指の花火大会がある。WALL・ART岬フェスティバルどてカボチャコンテスト(現在は行われていない)小松島競輪場ヨルイチ出身有名人喜田貞吉(歴史学者・帝大講師)堀淵清治(VIZ Media, LLC共同会長、VIZ Pictures社長兼CEO)住友紀人(作曲家)幾原邦彦(アニメ監督)松崎靖博(演出家)大杉漣(俳優)木村栄子(漫才師・三遊亭小円・木村栄子)重本ことり(タレント・てれび戦士メンバー)大谷初美(四国放送アナウンサー)高曽根里恵(テレビ高知アナウンサー)上野美咲(カルチャースクール講師、元レースクイーン)牛田成樹(プロ野球選手)畠山準(元プロ野球選手)根本隆輝(元プロ野球選手)斎藤雅俊(野球選手)林祐征(サッカー選手)山下敏和(ライフル射撃選手)港龍安啓(元力士)大家正喜(元マラソン選手、アトランタオリンピック代表)関連項目徳島県日本の市町村一覧日本の地方公共団体一覧外部リンク小松島市ホームページ(公式サイト)小松島競輪 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E5%B3%B6%E5%B8%82」より作成カテゴリ: 出典を必要とする記事 | 徳島県の市町村 | 小松島市 | 港町小松島市(こまつしまし)は、徳島県のおよそ東部中央、紀伊水道沿岸に位置する市である。特徴小松島市は屋島に逃れた平氏を討つために源義経が小松島より上陸したという義経伝説や、阿波狸合戦、金長狸民話などで知られる市である。1980年代後半頃より「太陽と水とみどり豊かな港湾都市」の建設を目指し様々な開発が行われて来たが、旅客航路の撤退等にともない、近年は港を中心とした「港湾都市」から徳島赤十字病院などを中心とした「医療福祉都市」へと変わろうとしている。キャッチフレーズは、「優(YOU)・愛(I)タウン・小松島 -風と光のハーモニーが聞こえる未来(あした)へ-」。市の中心地は小松島港付近であり、市役所や図書館などはそこに位置する。かつては関西から四国への玄関口として港を中心に二条通や千歳橋筋などの商店街も栄えていたが、国鉄小松島線の廃止、本四架橋による相次ぐ航路撤退などで徐々に衰退。国道55号沿いに郊外型店舗(主に徳島県下で展開するキョーエイグループなど)が進出した事も衰退した一因となっている。現在は中心市街地活性化の為、東洋紡績小松島工場跡地に徳島赤十字病院を核としたビルが完成した。道路の拡張工事なども各所で行われており、かつての趣を一新しつつある。湾に面したところに小松島競輪場がある。地理徳島県東部、徳島市(県庁所在地)の南に位置し、紀伊水道に面している。国道55号線が市の中央を南北に縦断している。山:日峰山(標高191m)海:紀伊水道、小松島湾川:勝浦川、神田瀬川、芝生川、田野川、天王谷川、立江川、太田川池:菖蒲田池歴史市名の由来小松島市は、平安時代には、篠原郷(前原、江田付近)、新居郷(新居見付近)、余戸郷(田野芝生付近)があった。このうち篠原郷は一時、京都の仁和寺の荘園であり、この仁和寺は京都の『小松郷』というところにあったために、この名にちなんで『小松島』の地名が生まれたものと考えられている。年表市政施行前1934年(昭和9年)5月 - 小松島町、「小」の字を錨で囲んだ図案の町章を定める。1941年(昭和16年) - 旧日本海軍小松島海軍航空隊設置。1950年(昭和25年)7月 - 小松島競輪場完成。1951年(昭和26年)4月 - 那賀郡立江町と合併。市制施行後1951年(昭和26年)6月 - 市制を施行。1952年(昭和27年)1月 - 上水道通水開始。1953年(昭和28年)10月 - 総合グラウンド完成。1953年(昭和28年)10月 - 徳島県で開催された第8回国民体育大会のうち、高校軟式野球大会を市営グラウントで実施(23日~26日)。天皇・皇后が臨席および社会事業施設視察のため来市。1953年(昭和28年)12月 - 小松島臨港鉄道着工(延長 1,000m、翌年4月17日に完成)。1956年(昭和31年)7月 - 山口組と本多会による小松島抗争が発生(翌年11月24日終結)。1956年(昭和31年)9月30日 - 那賀郡坂野町と合併。1965年(昭和40年) - 海上自衛隊小松島航空隊が開隊される。1966年(昭和41年) - 市内の花火工場で爆発が起き4人が死亡する。1974年(昭和49年) - 市内唯一の海水浴場だった横須海水浴場が閉鎖される。1982年(昭和57年) - 市立体育館が完成。1985年(昭和60年)3月 - 国鉄小松島線廃止。1991年(平成3年)2月 - 国道55号赤石トンネルが開通。1993年(平成5年) - 小松島フェリー廃止。1999年(平成11年) - 南海フェリーが徳島港に発着場を移転、これにより市内(小松島港)発着航路がなくなる。2006年(平成18年)3月4日 - 午前2時に市外局番が4ケタになる。(08853-x-xxxx)→(0885-3x-xxxx)行政現在小松島市の財政は危機的状況にあり、財政再建団体に陥いる可能性が示唆されている。この為市では財政非常事態宣言を行い、徹底した行財政改革に取り組む姿勢を示している。歴代市長経済商業かつては四国の東の玄関口として栄え、市内中心部には数多くの商店、劇場および宿泊施設などが軒を連ねていた。その繁栄ぶりは人口規模を遥かに上回るもので、徳島県下では徳島市に次ぐ程のものであったと言われている[要出典]。しかし、その繁栄も国鉄小松島線の廃止や航路の撤退などで徐々に勢いを失い、中心部の商店街は衰退していった。さらにモータリゼーションによる道路整備が行われ、国道55号バイパス沿いに相次いで建設されたロードサイド店に商店街は消費者を奪われ、壊滅的な打撃を受ける事となる。かつては船客や近隣町村の人々で賑わっていた商店街も、今では僅かに地元の人が利用する程度となっている[要出典]。大型商業施設 小松島ショッピングプラザルピア(1988年開店)ニチイ小松島店⇒小松島サティ(1986年開店、2002年閉店)キョーエイ小松島店(小松島サティ跡に2002年開店)主な商店街 二条通商店街(飲み屋やパチンコ店、個人商店などが建ち並ぶ。昔に比べ衰退気味[要出典]。)千歳橋筋商店街(現在は道路拡張工事の為、更地になっている所が多い。)産業特産品 ヤマモモ干し海老竹ちくわフィッシュカツ和田島ちりめん主な企業、工場 KITANO(田野町)スミリン合板工業(横須町)→ 住友林業クレスト(2001年4月、他3社と合併)ニホンフラッシュ(横須町)日本製紙小松島工場(豊浦町)徳島製粉小松島工場(金磯町)新徳島どっくぶつだんのもり(江田町) かつてあった企業・工場 日本製紙小松島工場(豊浦町)2008年9月30日閉鎖姉妹都市・提携都市中川郡本別町(北海道)2001年(平成13年)6月1日友好都市提携。地域人口市内の町☆印は住居表示整備済街区である。徳島県下で住居表示を導入している自治体は、小松島市の他には徳島市しかない。間新田町赤石町江田町大林町金磯町☆神田瀬町☆櫛渕町小松島町坂野町芝生町田浦町立江町田野町中田町豊浦町中郷町新居見町日開野町堀川町☆前原町松島町☆南小松島町☆横須町☆和田島町和田津開町教育高等学校徳島県立小松島高等学校徳島県立小松島西高等学校中学校小松島市立小松島中学校小松島市立坂野中学校小松島市立立江中学校小学校小松島市立南小松島小学校小松島市立櫛渕小学校小松島市立北小松島小学校小松島市立小松島小学校小松島市立児安小学校小松島市立坂野小学校小松島市立芝田小学校小松島市立新開小学校小松島市立立江小学校小松島市立千代小学校小松島市立和田島小学校養護学校徳島県立ひのみね養護学校専門学校小松島赤十字看護専門学校医療徳島赤十字病院江藤病院交通バス一般路線バス 徳島バス小松島市営バス高速バス 徳島バスジェイアール四国バス西日本ジェイアールバス本四海峡バス高速バス停留所阿南エクスプレス号、ドリーム徳島号が停車。小松島バスストップ大林バスストップ ドリーム徳島号は通過。阿波エクスプレス大阪号、阿波エクスプレス神戸号の小松島港発着便が停車。徳島赤十字病院前小松島港鉄道四国旅客鉄道(JR四国)牟岐線(徳島市) - 中田駅 - 南小松島駅 - 阿波赤石駅 - 立江駅 - (阿南市)中心となる駅は南小松島駅。なお、市中心部へと伸びる鉄道としては、かつては国鉄小松島線(牟岐線中田駅より分岐)があったが、1985年に廃線になっている。道路高速道路現在、高速道路は通っていないものの、四国横断自動車道の延伸計画(小松島 - 鳴門間)があり、市内には小松島インターチェンジが前原町付近に建設される予定。一般国道国道55号車線数は2車線。トンネル、鉄道との交差はない。市内は以下の各地区を通過している。 大林町-(阿南市)国道55号徳島南バイパス、阿南道路車線数は4車線。主な橋は、小田橋(立江町、立江川)、義経橋(田野町、天王谷川)、源氏橋(同、田野川)、菖蒲田橋(日開野町・中郷町、菖蒲田池)、勝浦川橋(江田町、勝浦川)がある。トンネルは赤石トンネル(田野町・立江町)がある。中郷町と立江町の2箇所で道路下をJR牟岐線が立体交差する。中郷町、日開野町に道路情報電光表示板がある。市内は以下の各地区を通過している。 (徳島市)-江田町、前原町、中郷町、日開野町、芝生町、田野町、立江町、大林町、坂野町-(阿南市)。国道195号徳島市から阿南市橘町までは国道55号と重複区間となっている。県道徳島県道16号徳島上那賀線車線数は2車線(田浦町内の一部区間を除く)。橋、トンネルはない。前原町でJR牟岐線と交差する。市内は全線勝浦川の堤防上を走り、県道120号徳島小松島線から国道55号までの区間を除いては交通量の少ない快走路が続く。市内は以下の各地区を通過している。 (徳島市) - 江田町、前原町、田浦町-(徳島市)徳島県道17号小松島港線車線数は2車線。橋、トンネル、鉄道との交差はない。元々は国道55号(現在の県道120号徳島小松島線)と小松島港を結ぶ為の県道だったが、現在は市内中心部をパスするバイパス道として使われる事が多い。交通量もかなり多めであり、朝夕には江田町交差点で渋滞も発生する[要出典]。市内は以下の各地区を通過している。 江田町、中田町、小松島町徳島県道22号阿南勝浦線車線数は2車線。橋、トンネル、鉄道との交差はない。市内の南西をかすめる様に走る県道だが、他の自治体を経由せずに小松島市と勝浦町を繋ぐ唯一の県道である。市内は以下の各地区を通過している。 (阿南市) - 櫛渕町 - (勝浦郡勝浦町)徳島県道28号阿南小松島線車線数はほぼ全線にわたり1~1.8車線。主な橋は、白鷺橋(立江町、立江川)がある。トンネルはない。鉄道との交差は立江町の1箇所でJR牟岐線と交差する。幹線道路である国道55号と立江町、櫛渕町を結ぶ。市内は以下の各地区を通過している。 (阿南市) - 櫛渕町、立江町、大林町、赤石町徳島県道33号小松島佐那河内線車線数は2車線。主な橋は、野上橋(田浦町・徳島市、勝浦川)がある。トンネルはない。南小松島町に鉄道との交差部がある。市内中心部と国道55号徳島南バイパスを結んでいる為、同道との交点まではかなり交通量が多いが、以西は田浦町内を東西に走る唯一の幹線道路となるものの交通量は少なく、市内区間は比較的走りやすい道が続く。市内は以下の各地区を通過している。 南小松島町、堀川町、神田瀬町、日開野町、田浦町 - (徳島市)徳島県道120号徳島小松島線車線数は2車線。主な橋は、千歳橋(小松島町・松島町、神田瀬川)、弁天橋(金磯町、芝生川)、赤石橋(赤石町、立江川)がある。トンネル、鉄道との交差はない。国道55号徳島南バイパスが4車線で開通するまではこの道が国道だった事もあり、現在でも幹線道路として位置付けられている。全線にわたり交通量も多く、徳島市と小松島市を繋ぐ路線バスも市街地の一部区間を除いては殆どがこの道を走る。市内は以下の各地区を通過している。 (徳島市) - 江田町、中田町、小松島町、松島町、南小松島町、横須町、金磯町、赤石町、大林町徳島県道218号和田島赤石線車線数は2車線。トンネル、鉄道との交差はない。市内は以下の各地区を通過している。 赤石町-大林町-和田津町-和田島町その他の市内を通る県道 徳島県道136号宮倉徳島線徳島県道141号大林那賀川阿南線徳島県道169号中田停車場線徳島県道171号立江停車場線徳島県道178号小松島港南小松島停車場線徳島県道213号二條通新港線徳島県道216号花園日開野線徳島県道217号田野勢合線徳島県道273号大京原今津浦和田津線徳島県道274号坂野羽ノ浦線徳島県道276号勝浦羽ノ浦線徳島県道402号阿南徳島自転車道線船舶かつては小松島港から和歌山港(南海フェリー、1999年に徳島港へ移転)や大阪港(小松島フェリー、1993年廃止)を結ぶ航路があったが、いずれも廃止されている。名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事和田島砂嘴(さし)日峯大神子広域公園日峯観光道路弁天山砲台跡四国八十八ヶ所恩山寺(18番札所)立江寺(19番札所)建嶋女祖命神社金長神社(金長大明神)小松島ステーションパーク旗山(源義経の騎馬像)義経ドリームロード小松島港まつり - 夏の風物詩として毎年、県内屈指の花火大会がある。WALL・ART岬フェスティバルどてカボチャコンテスト(現在は行われていない)小松島競輪場ヨルイチ出身有名人喜田貞吉(歴史学者・帝大講師)堀淵清治(VIZ Media, LLC共同会長、VIZ Pictures社長兼CEO)住友紀人(作曲家)幾原邦彦(アニメ監督)松崎靖博(演出家)大杉漣(俳優)木村栄子(漫才師・三遊亭小円・木村栄子)重本ことり(タレント・てれび戦士メンバー)大谷初美(四国放送アナウンサー)高曽根里恵(テレビ高知アナウンサー)上野美咲(カルチャースクール講師、元レースクイーン)牛田成樹(プロ野球選手)畠山準(元プロ野球選手)根本隆輝(元プロ野球選手)斎藤雅俊(野球選手)林祐征(サッカー選手)山下敏和(ライフル射撃選手)港龍安啓(元力士)大家正喜(元マラソン選手、アトランタオリンピック代表)関連項目徳島県日本の市町村一覧日本の地方公共団体一覧外部リンク小松島市ホームページ(公式サイト)小松島競輪 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E5%B3%B6%E5%B8%82」より作成カテゴリ: 出典を必要とする記事 | 徳島県の市町村 | 小松島市 | 港町

シンプルな生活の秘訣
りんご、ゴリラ、ラッパ、パセリ
ネイルサロン
出会いランキング
競馬情報
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イタリアスキー

Author:イタリアスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。