コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ギニュー特戦隊

ドラゴンボール >ドラゴンボールの登場人物 >ギニュー特戦隊ギニュー特戦隊(-とくせんたい)は、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』およびアニメ作品『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボール改』に登場する架空の戦隊。初登場は其之二百七十二「間に合え!!ななつのドラゴンボール」、アニメでは『ドラゴンボールZ』第61話「迫る超決戦!ギニュー特戦隊只今参上!!」。『ドラゴンボール改』第28話「迫る超決戦!ギニュー特戦隊只今参上ッ!」。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。目次1概要2メンバー2.1ギニュー2.2リクーム2.3ジース2.4バータ2.5グルド3隊員達の死後(アニメのみ)4ドラゴンボールGT5テーマソング6ゲーム7脚注8関連項目[編集]概要フリーザの配下として登場した全宇宙から精鋭の5人を集めたエリート部隊。フリーザの側近であるザーボンやドドリア、そして2人を倒した当時のベジータさえ上回る戦闘力を有し[1]、北の界王も恐れる存在である[2]。ギニューの台詞によれば、それぞれの出身種族の中でも突然変異で生まれた存在を集めているとされる。地位は、ザーボンやドドリアら側近と同格以上である。「現金化口コミ」と呼ばれるポージングや独特の掛け声など、「スーパー戦隊シリーズ」を意識したパロディが散見される。丁度、鳥山の子供たちが『地球戦隊ファイブマン』、『鳥人戦隊ジェットマン』等を見ていた時期であり、一緒に見ていたところはまり、パロディ化した[3]。もっとも彼らが登場したのは1990年で「ファイブマン」の放送中である。圧倒的な力を持つ戦闘集団で隊員同士の仲も悪くないが全員どこか変わった性格をしており、仲間が戦死した際には友情や戦力の低下よりも、スペシャルファイティングポーズの様式美が崩れることのみを気にしていた。グルド、バータ、リクームが倒されたことをジースがギニューに報告し、悟空たちのもとへ出撃する直前にスペシャルファイティングポーズを決めるが、2人だけではこのポーズがしっかりと決まらないことを悟ったギニューは、隊員たちを倒されたことに激怒している。闘う順番をじゃんけんで決めるなど、一見ふざけているような言動ながら、職務自体は完璧に遂行し、フリーザからの評価は高い。ただしファイティングポーズなどはフリーザの趣味に合わないらしく、唖然とする場面がある。アニメでは隊員全員がお菓子が大好きという一面が強調されており、部下全員でおやつの時間を取るという説明がなされたり、チョコレートパフェを賭ける場面もある。フリーザがナメック星へ侵攻している際において、当初のギニュー特戦隊の任務はヤードラット星の征服であった[4]が、このとき初めてフリーザの侵略している惑星戦線での最前線へと投入される。隊員全員の名前は乳製品に由来している。[編集]メンバー[編集]ギニュー声-堀秀行、野沢雅子(Z171話)、小西克幸(『ドラゴンボール改』、ゲーム『ドラゴンボールレイジングブラスト』)特戦隊の隊長。独自のフェア精神を持った戦士。体は薄い紫色をしており、頭には黒い角が2本ある。純粋にフリーザを尊敬する数少ない大幹部の1人であり、フリーザの部下の中では最も高い戦闘力を持つ。最大戦闘力は120000[5]。で、自ら変化させることも可能。ドラゴンボールを浮遊させて運んでおり、念動力を有している一面もある。登場した当初は、リクームと同様にべジータのことを「べジータちゃん」と呼んでいた(アニメでは「携帯アフィリエイトちゃん」とも)。悟空が戦闘力を臨機応変に変化させる戦士である事を隊員の中で唯一見抜い
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イタリアスキー

Author:イタリアスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。