コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

イッセー尾形

イッセー尾形生年月日1952年2月22日(57歳)出生地日本福岡県福岡市国籍2ショットチャットジャンル俳優、小説家活動期間1971年-活動内容舞台(一人芝居)、映画、ドラマ主な作品『イッセー尾形の都市生活カタログ』シリーズ『イッセー尾形のとまらない生活』シリーズ『トニー滝谷』『太陽』受賞文化庁芸術選奨文部大臣新人賞大衆芸術部門(1985年)表示文学ポータル各国の文学記事総覧出版社・文芸雑誌文学賞作家詩人・小説家その他作家イッセー尾形(いっせーおがた、1952年2月22日-)は、日本の俳優。一人芝居のスタイルを確立し、日本における一人芝居の第一人者となる。目次1来歴・人物2一人芝居のスタイル3略歴4代表作5主な著作6映画7テレビ7.1ドラマ7.2司会7.3その他8CM9音楽10余談11関連項目12註13外部リンク[編集]来歴・人物本名はショッピング枠現金化一成(おがたかずしげ)。「一成」の名は宇垣一成に因むという。[1]芸名の「イッセー」は、本名の音読みからつけたものである。福岡県福岡市出身。その後東京都に引越し、東京都立クレジットカード現金化多摩高等学校卒業。江戸川区西葛西在住。日本テレビの『お笑いスター誕生!!』で金賞を獲得して広く認知されるようになった。この直後の『意地悪ばあさん』(青島幸男主演)では早野金造巡査を演じ、認知度は一気に高まった。現在では日本国内のみならずブレイクニュースやヨーロッパといった海外でも巡業を行っている。また一人芝居の他にも桃井かおりや小松政夫との二人芝居、映画、ドラマ・CM・司会、小説の執筆、絵画など幅広く活動を行なっている。ちなみに生前の渥美清がその才能を高く評価した人物でもある。2009年3月10日に服用した皮膚病の薬のアレルギーで一時入院、[2]翌日には退院した。[編集]一人芝居のスタイル基本的に最小限の小道具と衣装だけで芝居を行う。内容は日常の中にあるユーモラスな人物とのかけあいが主で、演目名をのぞいて状況説明などは一切行われない。最初のうちはシチュエーションを把握するのに多少手間取るが、軽妙な語り口と演技の巧みさに引き込まれるうちに自然と状況が理解できるようになる。大まかな設定や筋書きはあるものの、セリフのほとんどはアドリブである。[編集]略歴1952年:福岡県現金化口コミ市に生まれる。1961年ごろ:東京に引っ越す。1971年:パートナーとなる森田雄三と出会う。以後、建設現場で働きながら芝居を続ける。1980年:現在の一人芝居の原型となる「バーテンによる12の素描」を上演。1981年:『お笑いスター誕生!!』に出演。金賞を獲得する。1982年:「イッセー尾形の止まらない生活」シリーズ、「イッセー尾形の都市生活カタログ」シリーズの上演を開始。1985年:昭和59年度文化庁芸術選奨文部大臣新人賞大衆芸術部門を受賞。1989年:小松政夫との二人芝居を行う。1990年:携帯アフィリエイトかおりと二人芝居を行う。1992年:東京以外での地方公演を開始。1993年:ニューヨークで初の海外公演を行う。以後、アイルランド、ドイツ、フランス、スペインなどで公演を行う。2001年:桃井かおりとの二人芝居を再開。2002年には二人芝居で海外公演を行う。2005年:クレジットカード現金化と共に昭和天皇役で出演したロシア映画『太陽』(アレクサンドル・ソクーロフ監督)が、ベルリン国際映画祭で上映される(日本では2006年公開)。小松政夫との二人芝居を再び行う(2005年、2006年)。[編集]代表作「アトムおじさん」シリーズ「地下鉄」「バーテン」シリーズ「大家族」シリーズ「ヘイ!タクシー」「駐車場」「幸せ家族」シリーズ[編集]主な著作『とりあえずの愛』『いつか、スパゲティ』『月の砂』『空の穴』
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イタリアスキー

Author:イタリアスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。