コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

<参院選>民主は単独過半数、自民は第1党奪取…次期方針で(毎日新聞)

 民主、自民両党が来年1月の党大会で、それぞれ採択する次期活動・運動方針案が28日、明らかになった。来夏の参院選に向け、民主党は「単独過半数の議席獲得を必ず実現すべく、最大限の取り組みを展開する」と強調。一方、自民党も「第1党の座を奪取する」との目標を掲げており、両党とも次期参院選を来年の最大の政治決戦と位置づける構図が鮮明となっている。

 民主党は来年1月16日、政権交代後、初めての党大会を迎える。10年度活動方針案では次期参院選での勝利を念頭に「衆参両院での過半数を足場に、マニフェスト(政権公約)関連の法案などを確実に成立させる道筋をつくる」と指摘。自民党に比べ、脆弱(ぜいじゃく)とされる党組織についても「党員・サポーターは登録目標を総支部ごとに設定し、目標実現を図る」と組織力整備に重点を置いている。

 一方、1月24日に党大会を開く自民党の10年運動方針案は「見せかけの政治主導」「『アメとムチ』による恐怖支配」など、政府・民主党への批判を随所に盛り込んだ。野党転落の現状を「わが党にとって厳しい時代」と認めた上で、「必ず再生を成し遂げる」と宣言。併せて、自民党系の団体について「総力を挙げて政府・与党の圧力から守り抜く」とし、支持団体の「自民離れ」に危機感もにじませている。【坂口裕彦、近藤大介】

【関連ニュース】
<特集>2009衆院選
自民党:改革クラブと参院議員を交換 政党要件満たすため
自民党:参院選懸案抱え越年…「土改連」など結論出ず
社説ウオッチング:鳩山内閣100日 各紙の違い、より鮮明に
民主党:参院選宮崎に渡辺氏擁立

グアラニー語で日本のニュースを読む
まさゆきのブログ
ライブチャット
カードでお金
パチンコ攻略
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イタリアスキー

Author:イタリアスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。