コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「メディア騒ぐから問題化」阿久根市長、謝罪拒否(読売新聞)

「メディア騒ぐから問題化」阿久根市長、謝罪拒否(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(50)が自身のブログに障害者の出生を否定するような文章を掲載し、障害者団体などから謝罪を求める声や抗議が相次いでいる。

 竹原市長は14日、市議会一般質問で、関係者に謝罪する意思がないことを明らかにした。

 竹原市長は11月8日付のブログで、「高度医療のおかげで以前は自然に淘汰(とうた)された機能障害を持ったのを生き残らせている」などと書き込み、障害者の出生を否定するような主張を展開した。

 これに対し、全国知的障害者施設家族会連合会(事務局・神戸市、会員約5万人)が、発言の謝罪と撤回を求める抗議声明を決議したほか、鹿児島県内の障害者団体などからも市長への抗議文が寄せられている。

 14日の市議会一般質問で、木下孝行市議(無所属)が「ブログの書き込みは障害者に対する差別発言で人権問題。障害者団体などに謝罪する考えはないのか」と尋ねた。竹原市長は「問題化したのはメディアが検証することなく大騒ぎするからだ。(一部をとらえることで)社会を誘導するのはやめてほしい。私が謝罪するのは反対方向になる」と答え、謝罪を拒否した。

 竹原市長は、市長選の期間中にブログを更新して自身の主張や他候補批判を展開したとして、県警が公職選挙法違反(文書図画の頒布)容疑で鹿児島地検に書類送検した。このほか、市役所全職員の給与を公開するなど、物議を醸している。

バンコクのすすめ
ご近所ニュース
パチンコ攻略
競馬情報
無料携帯ホームページ
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イタリアスキー

Author:イタリアスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。